モーツァルトの楽譜たち

国際モーツァルト財団が公開している 無料楽譜の閲覧方法について解説しています。


スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告










上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PageTop

ケッヘル番号について

Category★ケッヘル番号について










モーツァルトの作品には『ケッヘル番号』といって、作品番号の前に『KV』か『K』が付きます。(例:KV626←これはレクイエムの番号です。)

これは、ケッヘルと言う研究家によって作曲されたであろう年代順に付けられた番号で、モーツァルト自身が付けた番号ではありません。

ケッヘル番号は、初版から第3版(モーツァルト作品全集出版時に付けられた、俗に言うケッヘル・アインシュタイン番号)、第6版、新モーツァルト全集で新たに付けられた番号など、混在しています。時代とともに研究が進み、真贋がはっきりしなかったものや、異作だったもの、真作だったもの、新たに発見されたものなどがあったからです。(ケッヘル自身は、初版のみ編纂。)

こういった経緯があって、モーツァルトには、1つの作品に対して2つの番号が付けられている場合があります。例:Missa brevis in G K. 49 (47d)

が、どちらかの番号さえ知っていれば事足りますので、そんなに気にすることの程でもないですので、ご安心ください。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。